RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 鍼灸・按マ指・柔道整復等営業法の制定 D.特例法の施行 | main | 鍼通電療法 2.鍼通電療法の利点 A)刺激を定量的に与えられる >>
気血津液 2.精と神 B.神 神の分類その2
0

      その2  神・魂・魄


      神を分類すれば、神、魂、魄意、志などがあげられる。見る


      D) 意

      日本語の「おもう(思)」や「おぼえる(覚)」にあてはまるもの
      
      単純な記憶や、思考を含んだこころを指し、五臓の中の脾におさまっている

      意が傷られると、「おもい」に苦しみ、こころが落ち着かなくなる


      E) 志

      日本語の「こころざし(志)」に当てはまるもの

      目的を持って思ったり、思いを持続させるこころで、五臓の中の腎におさまっている

      志が傷られると、記憶の混濁や忘却が生ずる


       F) 思・慮・智

      思・慮・智の三者は、意、志とともに知的な思惟過程と関係する神気であり、神の統制下にある

      思とは、物事を工夫し、考える心である
     
      慮とは、先のことを思いめぐらし、深く考える心である

      智とは、熟慮したうえで、最前の判断を下す心である
      


            東洋医学の世界の目次はこちらです!

        引用文献   東洋医学概論    医道の日本社

             あなたのこの一票が励みになります。 ワンクリックをお願いいたします!


    | 東洋医学の世界 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/414331