RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< いいわけ日記 | main | ご両親にご挨拶! >>
気血津液 2.精と神 A.精
0

      精には、

       先天の精・・・「生殖の精」とも呼ばれ、生まれたときにすでに持っている、両親から与えられた生命力。生殖力ともいう。

       後天の精・・・「水穀の精」とも呼ばれ、飲食物等に含まれる栄養素のこと。この栄養素と呼吸によって自然界の「清気」をとり入れ、生まれ後に獲得する生命力。

       がある。

     精は生命の基礎と言っても過言ではなく、精が充分であれば生命力は強く、外の環境の変化にも適応することができ、びっくり
     詳しくは・・・見る


     

      A)先天の精

         \菘靴寮困箸親から受け継いだ精のことである。先天の精は、生命の素であり、人体の諸器官、組織を構成し、これを成長させていく素となるものである。
        ◆\菘靴寮困蓮⊃佑誕生した後、五臓のにしまわれ、発育・成熟および生殖という基本的な生命活動を起動させる。
         先天の精は、後天の精によって補給され、生きている間は枯渇することがない。この精が気に変化すると、原気となり、臍下丹田に集まり、人体の基礎活力として働く


      B)後天の精

         仝綸靴寮困箸蓮飲食物より得られる精をいい、脾胃で造られる。
        ◆仝綸靴寮困蓮⊃預里燃萋阿垢営気、衛気、宗気、津液、血の素となる
         後天の精は、先天の精を補給し、生命活動を支える基盤として働く。


       若い人や、食事・呼吸・運動がしっかりしている人などは、この精(先天・後天あわせたもの)が盛んで、生命力も旺盛であり、臓腑・筋骨も丈夫で気力も充実している。したがって、活動的で、外邪や外傷に対する抵抗力も強く、疾病になりにくい。また、外傷や疾病になっても治りやすい。びっくりここ大事


      これにたいして、老人や過労・過房などにより精が不足する人は、生命力が弱まり、全身の臓腑・器官も虚弱となり、筋骨ももろくなる。その結果、体温の低下、冷え、疾病にかかりやすい、老化が早まるなどを呈する


     精を充実させるには、腎を補うことはもちろんであるが、神気の不安定などの障害となるものを除き、気血の巡りをよくするために、適度な運動と、正しい呼吸をし、適切な食事をすることである。

     ではそれをするには何をしたらよいかが問題ですよね・・・ ?楽しい



          東洋医学の世界の目次はこちらです!

        引用文献   東洋医学概論    医道の日本社

             あなたのこの一票が励みになります。 ワンクリックをお願いいたします!


     
    | 東洋医学の世界 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/389836