RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 灸術の種類 透熱灸 | main | 高齢者こそ筋肉トレーニング! >>
日本の医学の歴史 15.医師会の成立と医師法の制定
0


      西洋医学による医師が増えてくると、

      ☆ 漢方医との対抗

      ☆ 薬剤師の医薬分業運動に対抗

     する為に、医師自らの権利擁護団体として、医師団体(医師会)が結成されるようになった。また医師の身分法たる医師法が1906年(明治39年)公布された。  見る


      ここで注目すべきは、

     もともと一定レベル以上の技術を保持し、不正な行為を行わないことを互いに医師同士で保証し、それを宣言するものであり、宣言した以上加入している医師は遵守の義務がある

     という西洋の医師の団体と比べ、日本の医師会は全く意味の違うものだったという点である。

     そして明治20年代から明治末までの「開業医の黄金時代」を迎えたのである。
     
     診察料の定価化により西洋医学=資本主義医学という構図が出来上がったのである。しょんぼり


     明治以降、特に対策が重要視された伝染病は、年代順にコレラ・性病、結核であった。病院

     コレラは鎖国の続いた江戸時代には流行を見なかったが、開国後、何度も流行した。これには、検疫を実施しようにも治外法権を盾に外国の船舶が抵抗するなど、不平等条約の思わぬ余波もあった。

     結核は国を問わず産業革命と同時に流行の拡大が見られた。日本でも、学校・軍隊・工場などで、若年層に多くの患者が発生した。

     当時の医療では特効薬もなく、大気・安静・栄養の3点が重要であった。

     しかし、下層階級ではこの3つがなかなか得られなかったので、発病割合も高かったのである。困惑


               清き、一票を・・・お願い・・・します・・・。


     歴史を勉強すると、今の時代は幸せだな〜とホントに思ってしまいます。ニコニコ

     

    | 医学の歩み | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/323389