RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 日本の医学の歴史6 鎌倉時代 | main | はじめに 目次 >>
日本の医学の歴史7 室町時代
0
     1399年(應永4年)

     鎌倉幕府滅亡後、将軍足利義満が金閣寺を建てた頃から八代将軍足利義政に至る70余年の間は天下泰平であった。

     したがって、建築・絵書・彫刻などの工芸技術は顕著に進歩した。楽しい


     ところがである・・・冷や汗

     
     医学も大学、国学ともに盛んになり、医療制度も鍼博士を頂点とし、医学生まで充実した時代であった。

     竹田昌慶は1371年に明に渡り、医学を学び、1380年に多くの医学書銅人形などを持ち帰った。

     1469年(應仁元年)に應仁の乱が起こるや時代は一変した。

     京は修羅場と化し、宝物や書籍はことごとく焼き尽くされてしまった・・・悲しい

     應仁の乱が鎮まった後も、群雄四方に割拠して騒乱が絶えず、地方の国学に保管されていた書籍も大部分やきつくされてしまった・・・悲しい悲しい悲しい

     



     争いは歴史的に重要なものを容赦なく焼き捨ててしまう。
     
     現存する書物はまさに奇跡なのですね!

                    清き、一票を・・・お願い・・・します・・・。
    | 医学の歩み | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/280955