RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 保険治療について 目次 | main | 健康ニュース  目次 >>
歴史に残る鍼灸師 1.代田 文誌
0
     鍼灸界には歴史に残る人々が大勢います。

     医道の日本という本の中でも、ひとつのコーナーとしてすでに33人の方を紹介している。

     そこで少しずつでもと勉強をかねて書いてみることにしました。

     第一回は、代田 文誌先生です。

      著書 読書

     ・ 鍼灸眞髄―沢田流聞書

     ・ 針灸臨床ノート 上巻(第1集・第2集) (1)

     ・ 針灸臨床録

     ・ 鍼灸治療基礎学 改訂増補第7版―十四経絡図譜解説

     ・ 灸療雑話

     ・ 治験例を主とした針灸治療の実際 上巻 (1)

     ・ 治験例を主とした針灸治療の実際 下巻 (3)
     ☆  代田 文誌 (しろた ぶんし)  ☆

     1900年 長野の農家に生まれる

     1920年 正月に喀血、東京私立錦城中学校を結核にて中退する
            この病棟の体験が以後の死生観に大きく影響し、仏門に入る

     1926年 精神に変調を来たし父親を独習したあん摩術によって直し、近郷に評判が広まる。
           鍼灸術免許所得

     1927年 澤田健に師事太極療法による研究を行う。1938年に澤田が世を去るまで続く

     1929〜30年 東京帝国大学解剖学教室に研修生として入室。屍体解剖による研究を行う

     1931〜33年 日本赤十字社長野支部病院に研修生として入る

     1944〜68年 長野県長野市にて鍼灸研究所設立。倉島宗二氏らと臨床に従事

     1947年 元京都大学生理学教授の石川日出鶴丸博士の門下に入り、求心性自律神経二重支配法則などを学ぶ

     1948年以降 金沢大学病理学教室石川大刀雄博士の下で内臓ー皮膚血管反射、さらに59年から皮電計について研究開始

     1974年 死去


        「鍼灸真髄」「鍼灸治療基礎学」など生涯に多数の著書を出した。


     薬師如来になりたかった「超越の人」

     「太極療法」 「鍼灸の科学化」 「皮電計」・・・

     鍼灸の科学化を志向し戦後の鍼灸界をリードしてきた研究者として、また日本鍼灸師会副会長を終生続けることなど業界団体の中核として活躍したことは大きな功績です。

     普段では腰を曲げていましたが、白衣を着ると背筋、腰が伸び、顔の色艶もまして20歳くらいも若返るように見えたそうです。びっくり

     朝の8時から夜の9時まで、診療をして、その日に来た患者についてメモをとり、それを夜中の2・3時まで整理していたそうです。それが毎日・・・ショック

     患者を治すことに無上の生きがいを感じ、診療することがうれしくて仕方なかったそうです。

     薬師如来の生まれ変わりになりたい。病身で肉体的には、へばっているけれど、精神的にはとてもハッピーで、うれしくてうれしくてたまらないという境地まで達している。


     死の前年の年頭には、次のような歌を詠んでいました・・・ふぅ〜ん

     
        わがやむは 観世音ぼさつ

        身をかえて 済度のために

        やむにしあらむ



     大好きな仕事を精一杯することが、人々の幸せや喜びに変わっているのだと思います。


         鍼灸界の偉人伝  目次はこちら

            あなたのこの一票が励みになります。 ワンクリックをお願いいたします!


       引用文献  医道の日本 2003.12 P8.9
     

     
       
    | 鍼灸界の偉人伝 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/276105