RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 按マ指の逆襲! | main | 陰陽論の医学的応用 1.人体の組織構成 >>
管鍼法はどう打つ3 挿管 〜鍼技術のスピードはこれだ!〜
0
      鍼管法の手順は、全部で次の6つです。

     1.揉撚法

     2.押手・刺手

     3.挿管

     4.弾入・切皮

     5.刺入

     6.抜鍼

      「挿管」 それは、鍼を鍼管に入れる動作

     この動作が以下に速くできるかによって、鍼を打つスピードが決まるといても過言ではないでしょう!

     そう今回は、「挿管法」についてです。見る
     挿管には、
      
      両手挿管法(双手挿管法)
      
      片手挿管法(隻手挿管法)   の2法がある。

     現在多く使用されている、使い捨ての鍼(ディスポーザブル鍼)のなかには、始めから挿管された状態にあるものが多く、この動作が省かれる場合もある。

     A 両手挿管法(双手挿管法)
     
     両手を使用して挿管する方法のことで、初歩的な操作法である。

     刺手に鍼管を持ち、押手で鍼柄をつまみ、鍼柄側より鍼管に鍼先が隠れるまで挿入する。
     鍼管の他方から突き出た鍼柄部を、刺手の母指と示指でつまむように固定する。


     B 片手挿管法(隻手挿管法)

     鍼を母指と示指で持ち、鍼管をそのほかの指で包むように持ち、

     鍼を鍼管に通したら、その鍼管をクルリとまわして反対に向けると同時に、出てくる鍼柄の上端部を母指で押さえながら、半回転させる。





     挿管とは鍼技術を行ううえでの、準備の動作である。
     
     この動作には、訓練によって以下に早くすることですばやい鍼を打つことができる。

     この動作により鍼灸師のレベルがある程度分かる

     ”遅いことは誰でもできる”と高校のときの先生がおっしゃいました!しょんぼり

     早く正確に打つための基本技術です。

     これを競う大会があってもおかしくないと思いますが・・・楽しい

     日々練習中であるが、ただいま、

      一分間に鍼を挿入して押手の間に入れるまでを繰り替えす動作で、23回くらい

      それに切皮を加えて、1分間に19回です。
         (そのうち痛みが起こる回数が1・2回 これも大事!びっくり

     目標は、,鬘械芦 △鬘横飢です。

     
                    清き、一票を・・・お願い・・・します・・・。

           ここから多くすることが難しいですね!まだまだ道のりは遠し・・・ムニョムニョ

       挿管について、こんなホームページを見つけました!
    | 鍼の世界 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。