RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 管鍼法はどう打つ2 押手 | main | 管鍼法はどう打つ3 挿管 〜鍼技術のスピードはこれだ!〜 >>
按マ指の逆襲!
0
     われわれの世界には、

     あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などに関する法律

     というものがあります。楽しい

     その第1条には
      
     医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許、きゅう師免許を受けなければならない。

     とあります。

     第13条の5 1には

     第一条の規定に違反して、あん摩マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅうを業とした者は、30万以下の罰金に処する

     とあります。

     これって・・・冷や汗
     そうです。守られていないですよね???悲しい

     ちまたでは、カイロ・整体・リフレクソロジー・足つぼマッサージ・○式マッサージなどの無免許開業者がはびこっております。接骨院の先生だって・・・悲しい悲しい
     
     さすがに鍼を無免許でする人はいないとは思いますが・・・ふぅ〜ん

     免許がなくても平気で開業される・・・撃沈

     按マ指の人って一体、どんなメリットがあるの?

     按マ指は広告も制限があります。

     治療所にもいくつかの規定があります。

     メリットといえば、

     健康保険が扱える(条件付)
     
     病院で勤務ができる?(無免許では無理ですからね)
                    くらいですか・・・撃沈

     整体を開業される人も分かっているはずです。
     
     社会的にもよくないことしていることで、肩身の狭いことも・・・

     患者が納得してくれたらいいじゃない!びっくり
     あなたより治せますよ!びっくり

     なんていう人がいるかもしれませんが、

     自動車免許に置き換えれば、

     運転がうまければ免許なくても乗ってもいいじゃない!怒り

     って言っているのと同じですよ!


     免許ってそうではないでしょ!バッドバッドバッド
     
     
      ホームページでこんなん見つけました!
     
      平成16年になってから無免許マッサージ業者摘発のニュースが相次いでいますが、何か変わったのでしょうか?1月15日の新聞に『神奈川県警の照会に対し厚生労働省がマッサージの定義を「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」と回答。これを受け県警は「エー○ン」摘発に踏み切った。』とありましたが、その為なのでしょうか?
    :神奈川県警厚木署で今回の事件の担当をした署員の方にお話しを伺えました。


       新聞の記事はやはり、「マッサージの定義」ではなく、「人の健康に害を及ぼす恐れの有る施術行為であるか、どうか」の線引きの回答だそうです。

     残念ながら厚生労働省から無免許マッサージ師を取締れる画期的なガイドラインが示されたといったような事は何一つありませんでした。

     この「エー○ン」の事件は最近あった他の事件と違い、証拠を押さえ易い無免許鍼灸は入っておらず、純粋に無免許マッサージでの摘発だったそうです。
     
     つまり今までの無免許マッサージ業者が摘発を逃れる常とう手段「うちはマッサージではない。○○○です。」は通用しなくなったわけです。「マッサージだと認めさえしなければ絶対に捕まらないんだ。保健所でも何でも捕まえられるものなら捕まえてみろ!」なんてふんぞり返っていた日本中の古狸さん、もうすぐです。  


    神奈川県警が独自に動いた事件の摘発だったそうです。通常このような医療関係の事件の場合は保健所と警察が組んで行うものですが、無免許マッサージ師の取締りの場合、当然出るマッサージの定義の話しになると保健所は「分からない」厚生労働省は「無返答」それで捜査は「ストップ」というのが前々からのパターン。その為に神奈川県警は警察独自に今現在ある線引き、条件で取締り、今までのパターンを変えなくては、いつまで経っても無免許マッサージ業者は取締れない、「変えねば」と決断、実行して下さったのだと思われます。 びっくり

     摘発にあたり「エー○ン」で行われていた無資格者による施術行為が法律に基づくマッサージであった事を証明する為、神奈川県内の按摩マッサージ指圧の有識者(某鍼灸指圧師会の会長など、おそらく司法からも問い合わせが来るようなビックな方々に予め、太鼓判を貰っておけば裁判になっても負ける訳が無いということだと思われます。)の協力があったのが大きかったとのこと。


     全国各地の保健所などから照会が有ったが、「あなた方がやらなければダメだ。あなた方がやらなければ厚生労働省も医療法も、いつまで経っても何も変わらないですよ!」といったお話しをして下さったそうです。

     又、「今回の摘発により無免許マッサージ業者取締りの動きが全国的に広がる起点に成ると信じている」とおっしゃっていました。新聞紙上でも『県警は「危険な上、苦労して資格を取った人達の職域を侵す行為」と指摘』というコメントがあり、その時も素晴らしい!びっくりと思いましたが、しがらみを断ち、警察が本来有るべき純粋な「正義の味方」と成った今回の神奈川県警は本当にありがたく素晴らしい!拍手拍手拍手

     このような動きは最近になってからですが、少しずつ増えてきています。

      世の中は、間違ったことはいつまでも続きません!

     整体の方がもしこのブログを見ているのなら、専門学校に入るように考え直してくれることを望みます。

     私の同期でも、60歳の方が見えました。(50歳以上は3人ショック一人は先生になりました。)年齢は関係ないです。

     私の同期で、学費も生活費もすべて自分で稼ぎ(学生中に!びっくり)卒業し、さらに柔道整復師の免許まで取った強者がいます!びっくりびっくりびっくり

     そんな方もいるのですから、言い訳は、何一つ通用しません!

     仲間として、何より患者さんの為に責任のある行動・治療が、お互いに勉強できるように願っています。


            目次はこちら・・・保険治療について

          あなたのこの一票が励みになります。 ワンクリックをお願いいたします!

       上図をクリックした後は、あはき業界関連ニュースもどうぞご覧ください!

     
     
    | 保険治療について | 19:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    考え深く記事を拝見しました。私は現在、治療院を営んでいる、あん摩・マッサージ・指圧師です。
    無免許者に対する処罰はもっともなことだと思います。有資格者の中には視覚障害者の方も多いのはご存知の方もいらっしゃると思います。私もその一人です。しかし、その中には有免許に甘んじて(もんでおけばいい)とあぐらをかいているのも事実です。こうゆう事を書いてしまうと不謹慎かもしれませんが、私の見てきたなかでは視覚障害を持ったひとは国の税金で盲学校で鍼灸・マッサージ師の免許取得のため勉強させて頂ける制度があります。そして卒業生たちは免許を取得し税金を収め社会に貢献していくとゆうサイクルになっています。勿論、中には中途で視覚に障害をうけ、第二の人生をかけて学びにくる方もいらっしゃいました。
    その反面、マッサージ師の自覚ない人もいました。

    なぜ、私がこのような事を書くかというと、先ほどふれた(もんでおけばいい)の精神が視覚障害者の職が最も多い鍼灸マッサージ師の地位を低くし、無資格者を増やすきっかけになった一つの原因になった事も事実ではないでしょうか。鍼灸・マッサージ師の免許も国家試験となり、その内容もレベルを上げてきています。続く。
    | こつこつ | 2009/03/28 5:22 PM |

    それだけの知識と技術が求められるなかで、自分の視覚障害者によらず鍼灸・マッサージ師の有資格者の責任をもち、医療に携わる一員として患者さんと向き合い接していかなけばならないとおもいます。それが三年をかけ免許を取得した私たちの責任であり、無資格者との違いです。(もんでおけばいい)なら無資格者にもできます。
    だからといってマッサージを無資格者が行っていいわけではありません。有資格者は三年をかけ、医療の知識と鍼灸やマッサージの技術をみにつけるのですから。
    無資格者を減らしはびこることのないよう、有資格者の努力が必要ではないでしょうか。それはさらなる技術・知識向上とマッサージ師が社会に果たすべき役割を認識させることだと思います。私もまだまだ未熟ですが責任と果たすべき役割のため、邁進したいと思います。
    | こつこつ | 2009/03/28 5:44 PM |










    http://mylife.iti-a.com/trackback/268892