RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 日本の医学の歴史4 奈良朝 | main | 按マ指の逆襲! >>
管鍼法はどう打つ2 押手
0
    今回は、管鍼法の打ち方の手順を説明します。

       鍼の手順は、全部で次の6つです。

     1.揉撚法

     2.押手・刺手

     3.挿管

     4.弾入・切皮

     5.刺入

     6.抜鍼           です。これらは更に細かく分かれます。

     今回は、2.押手・刺手です!
     押手・・・刺鍼時に、刺鍼部の皮膚を抑え鍼を支える手のことである。

     刺手・・・鍼を刺鍼、抜鍼する手のことである。

     施術前の圧痛の変化などの刺鍼による効果を確認する意味合いもある。


       押手

     a.押手の形成

       管鍼法の押手は、満月の押手(押手と示指にて円形の形を作る)、半月の押手(押手と示指にて半円形の形を作る)が通常用いられる。
       押手は刺鍼をしやすくするもので、刺鍼部の状況によって刺鍼しやすいように自然の形態をとるのがよい。


     b.押手圧

        左右圧(水平圧)

         鍼体を保持する圧のこと。この圧が強いと刺入しにくくなり、弱いと鍼体がふらつく。

       ◆上下圧(垂直圧)

         刺鍼部位の皮膚面を軽く加圧する力をいう。
         この圧の強弱によって、刺鍼後の鍼の方向が傾いたりする

        固定圧(周囲圧)
         
         刺鍼の動作を安定するものである。また患者の急な体動による失敗を防ぐ意味もある。


      刺手

       鍼の刺抜に当たる側の手をいう。



                  清き、一票を・・・お願い・・・します・・・。


     目的の場所にまっすぐに鍼を刺入するには、垂直圧の加減が重要ショックである。親指と人差し指の力加減が等しくなるようにする。

     傾きによってどちらが強かったのかは分かるが、圧はなるべく軽くが望ましい。

     微妙な刺激加減はやはり余分な力を抜いたところから生まれるからである。見る
    | 鍼の世界 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。