RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 陰陽は不断の運動変化 | main | 管鍼法はどう打つ2 押手 >>
日本の医学の歴史4 奈良朝
0
     712年 和銅3年
      
       元明天皇が奈良に都を建てて奈良朝時代が始まった。

        このころから仏教が盛んになった!


     ということで今回は、奈良時代の鍼灸の歴史についてです!見る
     仏教が伝わると、医術も仏教主義に基づいて、慈悲医院の設立が行われるようになり、僧が医術を行うようになった。そして巫術によって病を療することは禁じられた


     722年
     
        初めて女医鍼博士を置くことになった。



     736年(天平6年)

        鑑真和上は東大寺の館長となり、唐の医学を両眼失明でありながら教授した。

        特に本草についての教えであった。これにより日本において薬草による医療が盛んになった。そして施薬院が設立された。びっくり

     
     757年
        黄帝内経太素の訳がとりいれられた。


                    清き、一票を・・・お願い・・・します・・・。

      722年に既に女医鍼博士が置かれたなんて・・・日本における医療の世界では女性も早くから活躍していたのですね!びっくり
    | 医学の歩み | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/266601