RECOMMEND
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇
患者からのこんな質問Q&A―患者を不安にさせないコツを教えます 鍼灸篇 (JUGEMレビュー »)
小川 卓良
治療をしていると患者様からのいろいろな質問が出ます。”簡単なことほど説明が難しい”とそして”小学生にも分かるように簡単に説明できて初めて理解できている”と高校の先生も言っておられました。こう聞かれたらこう答えるという事を勉強することも大切なことだと思います。
RECOMMEND
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方
誰も教えてくれない「治療院」の始め方・儲け方 (JUGEMレビュー »)
荒田 顕司
 カイロの方の書かれた著書です。初めて経営に関する事を学びたい人には、分かりやすく簡単でよいと思います。
 これから鍼灸院を開業する方に向けてのアドバイス的な本になっています。
 鍼灸師の先生も経営をもっともっと学び、整体の方に負けないように頑張りましょう!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東洋医学を学ぶ!鍼灸師の独り言

 鍼灸のすばらしさをすべての人へ! 
 
 そんな想いを一人でも多くの人に届ける為、そして自分自身がもっと鍼灸の良さを理解する為にこのブログを立ち上げました。
 鍼灸は全ての人が受ける価値のある医療だと思います。
 何故なら、病の人、不健康な人、そして健康な人も、すべての人に効果がある医療だからです。
 
 鍼灸は、医療を超えた医療なのです!!
<< 日本人であることがすごいんです! | main | 鍼って何でできている? >>
保険でマッサージに!
0
     マッサージの保険について、以前書きましたが、実際の傷病名について書き出してみようと思います。

     同意の理由としては次のようです見る

     
     ★ 脳梗塞後遺症による右肩麻痺であるため、関節拘縮や機能障害が認められる。その緩和、また関節可動域拡大のためマッサージが必要である。

      ★ 脊髄小脳変性症のため、随意的運動が不能である。そのため特に関節拘縮の回復が重要である。

     
      ★ マッサージ施術により症状の軽減が得られると考えられるため

      ★ 脳梗塞により四肢不全麻痺。寝きり状態、筋力低下著明、ADL低下防止のため必要。

      ★ 日常生活動作、身体運動に制限あり。四肢筋力低下、関節拘縮防止のための施術を必要とする。
     
      ★ 麻痺のため座位で同じ姿勢を保っている場合が多く筋緊張が強いため。




      こんな病名のかた周りにいませんか?聞き耳を立てる
     
     脳疾患障害後遺症脳梗塞後遺症脳出血後遺症パーキンソン病多発性脳梗塞・バーチャ病・筋ジストロフィー・ニューロパチー・アルツハイマー氏病

     変形性腰痛症・変形性膝関節症・変形性脊椎症・慢性関節リウマチ・多発性関節リウマチ・腰椎椎間板ヘルニア・脳性麻痺・頚髄損傷・頚椎損傷

     四肢体感機能障害・脊椎管狭窄症・四肢筋萎縮・大脳皮質萎縮・末梢神経障害・脊髄小脳変性症

     サルコイドーシス・多発性筋炎・ギランバレー症候群・神経原生筋萎縮症・筋萎縮性側索硬化症

     全身廃用症候群・上下肢筋肉廃用性萎縮・閉塞性動脈硬化症・長期透析合併症による骨関節障害 等

                目次はこちら・・・保険治療について

          あなたのこの一票が励みになります。 ワンクリックをお願いいたします!
    | 保険治療について | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://mylife.iti-a.com/trackback/233879